ニュースリリースNEWS RELEASE

  1. HOME > ニュースリリース > 2021年6/1から導入、PDPA(個人情報保護法)とは?(人事労務)

ニュースリリースNEWS RELEASE

2021年6/1から導入、PDPA(個人情報保護法)とは?(人事労務)

2021/03/08

タイでも6月1(火)よりいよいよPDAP(個人情報保護法)が施行されることになりました。
個人情報の取り扱いおよび目的の通知、同意を得ることが義務付けられます。

 

個人情報は個人データ(氏名、住所、電話番号など)とセンシティブデータ(人種、宗教、健康、政治的思考、犯罪歴など)の2つを指します。
細則については5月に公布となっています。現状公表された範囲においては、以下のことが分かっています。

 

適用範囲
① タイ所在者に対する商品・サービスを提供する場合
② タイにおける行動を監視する場合
※タイ国内に事業所を持っていなくてもタイ国内での経済活動に関する事業を行う場合には注意が必要です。

 

個人情報の取得
該当者に使用目的を通知し、同意を得ること。
※タイの個人情報を日本本社が共有する際には注意が必要です。

 

企業として以下の準備が必要になってくると考えられます。
1:情報管理者(権限を持つ者)と情報処理者(権限はなく、管理者の指示に基づいて処理を行う者)の選出
2:企業として保有している個人情報の整理
3:個人データ保護規定の作成
4:通知書、同意書の作成
5:ITセキュリティの強化

 

個人情報保護法 (3)

 

FDI人事労務では、個人情報規定、通知書、同意書の作成を取り扱っています。
ご不明点等ありましたらご相談ください。