ニュースリリースNEWS RELEASE

  1. HOME > ニュースリリース > 評価制度とは?【目的と留意点】(人事労務)

ニュースリリースNEWS RELEASE

評価制度とは?【目的と留意点】(人事労務)

2021/06/09

人事制度の3つの構成要素(①評価制度 ②等級・コース制度 ③報酬・賃金制度)の1つである評価制度について、導入する目的と留意点についてポイントをお伝えしたいと思います。

<目的>
評価制度の目的は、評価項目や評価基準を見える化し、評価に対する公平感を確保し、かつ会社としては、評価項目や評価基準を通して、会社が求めるスキルや姿勢を従業員に伝えることです。

特に以下のような課題について効果的です。
・評価基準が明確ではなく、評価者のフィーリングによるところが強い
・前任者の評価の理由がわからない
・会社が求めていることが各従業員に伝わっていない
・会社に貢献している従業員と、そうでない従業員を明確にしたい。

<留意点>
目に見える「成果」(営業成績など)のみで評価せずに、従業員1人1人が目標に対してどのような「行動」(勤務姿勢等)を行ったのかを評価することも大切です。
評価項目については、「成果」と「行動」の両要素のバランスが重要になります。このバランスは、担当業種(営業部門か管理部門か)やポジション(マネージャーかスタッフか)によっても異なります。

 

評価制度に関してご質問等ございましたら、いつでもFDI人事労務コンサルタントまでご連絡ください。