タイ政府、2050年のカーボンニュートラル達成を目標に、温室効果ガス削減を強制する法律の制定を目指す。

タイ政府、2050年のカーボンニュートラル達成を目標に、温室効果ガス削減を強制する法律の制定を目指す。

タイ政府は UNGA 7フォーラムリーダー会議にて、2050年カーボンニュートラルの目標を掲げ、温室効果ガス排出量を強制的に削減する法律を制定する予定と発表した。

本日(2023年9月20日)午前10時59分(米国現地時間)、米国ニューヨークの国連本部において、セッタ・タビシン首相兼財務大臣 国連総会出席を機に、気候野心サミットで声明を発表。 第78回通常会期(UNGA78)チャイ・ワチャロン首相府報道官は下記のように述べている。。

地球規模の気候変動 それは今日、緊急かつ深刻な問題と考えられている。 この期間中、私はタイの農家の方々と会う機会があり、気候変動の悲惨な結果を直接認識した。 農民の生活に直接影響を与えることであるので、私たちはすぐに解決するための行動を起こさなければならない。

タイは、2050年近くには可能な限り温室効果ガス排出実質ゼロの達成し、エネルギー転換計画を進めていきたい。 2040年までに石炭の使用を段階的に廃止することや、温室効果ガス排出量を削減する必要、また、2025年に向けて改訂される国家決定拠出金(NDC)への支援の準備が含まれる。

net zero

私たちは、2030年までに国家決定貢献(NDC)目標を20%から40%に引き上げ、具体的な行動をとっている。 これは、長期的な低温室効果ガス開発戦略に反映されていて、 タイはこの重要な使命を達成するために懸命に努力してきた。

政府はこれらの目標を利用して、新しい国家エネルギー計画を作成。 エネルギー効率を重視し、運輸部門の変化 国内の電気自動車の生産を増やしたり、石炭からの電力生産をやめる準備も進められたりしている。

タイは、持続可能な農業の概念を使用したパイロットプロジェクトを実施。 温室効果ガス排出量の削減に成功し、プロジェクトを拡大する準備ができている。 これは炭素排出量を削減するだけではなく、同時に気候変動に対する脆弱性を軽減し、タイの農家の農家へも貢献する。

タイは2037年までに緑地を増やし総面積の55%を占めることを目指すため、太陽光発電の屋根とネットメーターの使用をサポートするユーティリティグリーン関税や、 クリーンエネルギー生産を奨励するための基準を設けた。

同時に、サステナビリティボンドの発行を通じてグリーンファイナンスメカニズムも積極的に推進してきた。 現在、このメカニズムを通じて125億米ドルが調達されており、持続可能性連動紙幣を発行する予定である。 グリーンボンドの成長を促進するさまざまな組織が安心して利用できるよう、 SDG目標の達成に向けて取り組んでいる。

政府は地球規模の気候変動問題を重視しおり、 最近設立された 気候変動・環境省は、特に気候変動の影響に対応していく。また、政府は気候変動法の制定を推進する予定であり、あらゆる分野で気候変動に適応できるような体制をとっていく。

最後に首相はこう強調した。 気候変動を解決するには、世界中のすべての国の支援が必要である。 タイは目標を達成し、この危機を乗り越えるための準備がしっかりとできている。

その他のニュース