タイ・中国 2024年3月1日から入国ビザの相互免除措置導入予定

タイ・中国 2024年3月1日から入国ビザの相互免除措置導入予定

2024 年 1 月 2 日、タイ政府は、タイ・中国間において、 3月1日から入国ビザの相互免除措置を導入予定ということを発表した。

今回のタイ-中国間の観光ビザ廃止案は、両国関係改善に向けた一歩となり、観光促進が見込まれる。

両国の国民はビザなしで最大30日間の滞在が可能になる。2回目以降の入国については、180日間で合計90日間を超えない範囲で滞在が可能になる見通し。

ยกเลิกวีซ่า

今回のビザ免除措置で期待されること

以下のようなメリットが考えられます。

  • 観光促進: ビザ申請に時間と費用を費やすことがなくなるため、タイ人と中国人の観光客の行き来がより容易になります。
  • 貿易・投資の促進:タイと中国の起業や投資家は、相互にビジネスを行うためにより簡単に旅行できるようになります。 コストを削減し、貿易や投資の機会を増やすのに役立ちます。
  • 国交関係向上:タイと中国の関係の向上につながる。

2024年3月1日から施行される予定です。詳しくはお問い合わせください。

FDI Accounting & Advisory Total Business Consulting Service, Completely comprehensive all-in-one place!

📞 Phone : 02 626 5999

📧 E-mail : infojob@fdi.co.th

🌐 www.fdi.co.th